カラー装着中

さくらの元気がない問題はまだまだ続いていて。
今週火曜に、検査を受けてきたよ。皮膚組織をちびっと切り取って縫ったので。エリザベスカラーを装着してご帰宅。。。
(さすがに、こちらでは「エリザベス」とは言ってなかったね)
Sakura with collar 5
↓カラーがジャマで不自由だからか、当日は不満顔。
Sakura with collar 1
たまにひとりでウーウーうなってて。ご機嫌ナナメでした。
そもそも、最初に元気ないなー、じゃあ3種混合ワクチン打ってもらうついでに、相談してみるかーって病院行ったのが3月初旬で。ストレスだねーって言われて、心を落ち着けるサプリをもらって帰ってきて。飲ませたら、たしかに少し元気になったように思ったんだけれど。
それでもやっぱり、様子がいつもとは違って。神経質そうに毛づくろいしてるし、しっぽの付け根のあたりを触られるのをすごくイヤがって(ここは普段から敏感な部分ではあるけど、そんなレベルじゃないの)。あんなに好きだったブラシも逃げるようになっちゃったから。
3月末に2回目のワクチンを打ちに行ったときに、1回目とは違う獣医さんだったから。あらためて相談してみたのね。
で、先生がしっぽの付け根のあたりを櫛でといたら、毛がゴソっと抜けてそこにビックリするぐらいたくさんのフケが付いてたの。そのうえ、とかれてる間は、さくらの体を押さえてただいずの腕に噛みついてきて。ああこれは過敏になってるって程度じゃなくて、痛いんだねってことがわかったのです。先生の「これが全身に広がっちゃったら怖いね」て言葉に、もう、震えたよね。
あと、歯についてしまった歯石を取ることも勧められました。毎日歯磨きはしてたものの、さくらがあんまじっくりやらせてくれないから、、、不十分であることは分かっていたんだけどね。歯石がたまっちゃってるのを見せてもらって、ちょっとショックでした。えーでも今までも先生たち、歯のチェックしてくれたけど何も言われなかったのになー。
炎症を起こしてたらそれが体調不良の原因にもなるだろうし。このまま放っておいたら歯周病になったり歯がダメになったりするかもしれないし。炎症は口の中だけに留まらないこともあるし。そうなったら、食べ物が食べられなくなってあっという間に体が弱ってしまうのよね。
とはいえ、全身麻酔しなきゃなので。万が一のこともあるでしょう?
でも、これから年を重ねて、悪くなってからでは、治療ももっと大変なものになるし。さくらの体力も落ちているだろうし。皮膚検査でも麻酔を使うから、そのついでにすれば、1度の麻酔でできるから(なるべく全身麻酔は何度もやりたくはない)、ってのもあったりして。
この日はとりあえず処置にかかる費用の見積もりをもらって帰ってきたんだけれど。ウチでさんざんネット検索して調べたり、いっぱいいっぱい考えて。結局、皮膚検査と歯石除去をしてもらいました。
治療費は結構なお値段でした。
保険に入ってたら皮膚の検査のほうはカバーできたみたいなんだけれどねー。イギリスは保険発祥の国だそうで、ペット保険も充実してるとかどこかで聞いたので、入ってみようかなーと考えてたところではあったんだけれど、遅かった。パートタイマーだいずのお給料1か月分がほぼ飛んで行ったよー。ああ、働いておいて良かったってホント思いました。
(オットは「もっと働けってことだよ」だってさ。こわいこわい)
まあ、さくらが我が家にいなかったら、きっと働きすぎのオットは過労死していたかもしれないし、だいずも疲れ切って病気になってたかもしれないし。今まで、さくらがだいずたちに与えてくれた癒しに比べたら、このぐらい。。。(もちろんイタイんだけどね
火曜は、朝9時にさくらを連れて行って。処置の説明をあらためて受けて。
だいずだけ家に帰って待ってたら、13時前には麻酔から目が覚めましたよって電話連絡もらって。(ここで半べそ)
16:30に迎えに行って、説明受けてから連れ帰ってきたよ。
先生からもらった、処置後の注意点に「当日夜の食事は通常の半分に」て書いてあったんだけれど。
↓これ、ウチに帰った直後。キャリーから出たとたんにオネダリなんだもん。食欲あるのは元気な証拠だろうけどさー?
Sakura with collar 4
初日はほんとうに不自由そうで。弱ってるさくらに、さらにストレスを与えてしまったのかもと後悔の気持ちに襲われちゃったけど。
翌日からはだんだん慣れてきてるのを見て、とりあえずひと安心。
Sakura with collar 2
立ったり、ジャンプしたりもできるよ。
↓ウデのテーピングは肉球模様なの。
Sakura with collar 3
さくらも、だんだんヤケクソになってきてるのか、今日はカラーの内側をペロペロ舐めて、毛づくろいしてるつもりでいるようでした。
今度の月曜には抜糸してカラーともサヨナラよー。

ブログランキングに参加してます。
バナーをクリックして応援してもらえると励みになります!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『カラー装着中』へのコメント

  1. 名前:ゆいゆい 投稿日:2016/04/13(水) 01:54:38 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: d10f5ff10a6985db3e6802e9ed9d2bb9
    さくらちゃんお大事にー><
    読んでるだけでも痛々しいよ・・・つらい
    早く良くなることを祈っています!
    ウチの猫も昔にたようなのになったなあ・・・毛がぬけちゃってハゲになってたところがあったりした覚えが。
    私が飼いはじめた頃にも、日本にも動物の病気になった時の保険もなんかどこかの会社がやってたようなパンフ見たたけど、そもそもの保険金額が結構なお値段だった気がしたよw
    保険発祥の話は、たしか、大航海時代から?だよね。
    船が無事に戻ってくるかこないかとかからの賭けが元々のとかめっちゃうろ覚え。

  2. 名前:だいず@ロンドン 投稿日:2016/04/14(木) 06:25:40 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゆいゆいさん、ありがとう。
    今は、さくらが自分で舐めてハゲさせちゃったオナカ以外にも、検査で皮膚を切り取ったところや麻酔中の脈や心拍を測るために剃られたところや。全身ハゲだらけ。。。なんか追い打ちをかけちゃったようでツライです。
    まあ、検査の傷はそのうち治るし。アレルギーだってことは分かったので対処もできるし。
    これからだんだん良くなっていくと思うよー。
    そっかー保険はそんな昔に始まってるんだねぇ。ロマン!
    この曇りや雨ばっかりで夏の短い国から、船に乗って新大陸を探しに行く人の気持ち、今はなんだか分かるような気がするわ―。

  3. 名前:ukuririn 投稿日:2016/04/15(金) 03:56:27 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 95719416f2d981835eb09ed43a03f971
    さくらちゃん、病院お疲れさまでした。皮膚、早く良くなって欲しいね、痛いの辛いよね。
    クリリンも昔、耳にダニがいたときがあって、同じくカラーつけてたよ。
    最初は嫌がってたんだけど、すぐ慣れたみたいで、取ろうとすると逆に怒られるようになったよ(笑)

  4. 名前:だいず@ロンドン 投稿日:2016/04/15(金) 08:00:20 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ukuririnさん、昨日はたくさんおしゃべり、楽しかったです。ありがとう。
    ほんと、早く良くなってほしいよー。
    クリリンちゃん、カラー取ろうとすると怒るってwwかわいすぎる。
    会えるの楽しみだなぁ。だいずも吠えられちゃうのかなードキドキ♡