自由な街、ロンドン(交通篇)

電車でお化粧するのはエチケット違反だとか、そうじゃないとか日本で論争になったりしてたみたいだけれど。(話題としてはもう古いかな??)

ロンドンはそういうことははるかに超越してます。最初は、わーみんな自由すぎるでしょ!てビックリしてたけれど。今はもう慣れちゃって。なんとも思わなくなってしまったかも。エチケットって、なんだ?

大きな化粧ポーチから次々といろんな大きさの刷毛を出して顔にパウダーを塗ってた男の人だって、周りからは注目は集めてなかったよ。


地下鉄のほうが、バスよりは皆さんじっとしてて、大きな音を立てたりする人もほとんどいない印象だけれど。たまーにパフォーマーさんが乗ってきて。チラっと演奏したあとでチップをもらいにざっと歩いて、次の駅に着いたら隣りの車両に移ってまた演奏。これ初めて見たときは相当驚いた。



地下鉄は駅の構内で演奏してる人も結構いるけれど。車両に乗り込んでくるってアイデアに脱帽。


バスのほうが自由度ハイパー。
4~5人で結構なボリュームで歌ってたり。マック食べるのなんて普通。箱入りの1枚ごとのピザを食べてる人も見たことある。

このとき↓は画面右側に座ってるデップリした男の人が、肩にラジカセ乗せて音楽に合わせて体をゆらせながら入ってきて。すぐに座るんじゃなくって、他の乗客の前で立ち止まっていっしょにノリノリになるのを誘いかけるように顔を覗き込んだりしてた。何故まわりにまで参加を求める???



そうとう耐性ついたつもりでいたけれど、このときはサスガに「こっち来ないでー」って思ったわ。

バスは携帯でずーっと電話してる人もたくさんいるので。電話の人と音楽の人が鉢合わせして、電話の人が「ちょっと、うるさいわよ」って音楽の人を注意して止めさせてるの見たことある。でも電話の人だって十分うるさいのにね。

バスも地下鉄も、ほんとにいろんな人が乗っているので、人間観察が楽しい。

地下鉄でみかけたこの人。勝手に写真撮っちゃだめだよなーって思いながらも、とはいえ話しかけるのも勇気が無くて。コッソリ撮らせてもらっちゃった。キレイに整った、美しいモヒカン。いまのところだいずの見たなかで最高レベルのモヒカン。
モヒカン

あとこれ↓はバスでも電車でもないけれど。
馬車1

観光客向けには見えないし。なにかの宣伝をしているわけでもなさそうだし。
自家用車なのかしら???
馬車2
しかしなぜ、男の子たちはハダカなのか。。。

これ、東京で言えば原宿的な所だと言われるような。けっこうな街中なので。彼らはナニモノなのか気になって気になって。。。あとを追いかけて行き先を見届けたかった!

とにかく、こんな中で生活していると、人目を気にする必要なんてないんだよなって思えてきて。とても解放された自由な気持ちになってくる。

このままではもう、日本では暮らせないカラダ(ココロ?)になってしまいそう。まあ、もともと周りに合わせることが上手くできなくて、ハミ出がちなだいずではありましたけれども。

自由すぎてキケン。

ブログランキングに参加してます。
バナーをクリックして応援してもらえると励みになります!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『自由な街、ロンドン(交通篇)』へのコメント

  1. 名前:ほわいとぱぱ 投稿日:2017/06/17(土) 13:36:44 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは!
    普段の日本と比べてみると、自由で面白いですね。
    すぐに慣れないかもしれませんが(笑)
    モヒカンが行儀よく座っているので笑いました。
    日本でも外国人の方が社内で物音をたてていますが、
    当たり前なのかもしれませんね~。

  2. 名前:だいず@ロンドン 投稿日:2017/06/18(日) 06:43:27 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ほわいとぱぱさん、こんにちは!
    意外と、住んでみたら慣れちゃうものなのかもしれないですよー。