アムステルダム旧市街 半日観光してきたよ

先週、日本からヨーロッパに旅行に来ていた知人がアムステルダムにも寄ってくれたので、一緒にアムステルダムの旧市街を半日観光したの。そのときのルートとか街の写真をまとめてみたよ。アムステルダムってこんなとこよ、って雰囲気を感じてもらえれば。

スポンサーリンク

アムステルダム旧市街

アムステルダム・セントラル駅(中央駅)が街の北側にあって。その北はアイ湾。駅の南の、4本の運河に囲まれたところが「セントラル(旧市街)」で。13世紀ごろはこのあたりがアムステルダムの港町だったそうです。


アムステルダムが栄えていき16世紀後半に区画整備されたのが、セントラルの外側を囲む運河地区。

中央駅から、運河地区のすぐ外側にあるアムステルダム国立美術館までが直線距離で2.3km。東京で言うと新宿駅から原宿駅がだいたいそのぐらい。その外側にさらに新しい街が広がっているけれど。アムステルダム観光というと、この旧市街がメインになるんじゃないかと。

今回はセントラルと運河地区(=旧市街)の街並みを半日でサクっと散策したよ。

散策ルート

上の地図にピンク色で書き込んだエリアを歩いてまわったよ。

中央駅集合→中華街→飾り窓地区→ダム広場→レンブラント広場(ランチ)→ナインストリート→北マーケット

今回の目的は短時間でグルッと街を観るのが目的だったから。途中、美術館に入ったりお土産屋に入ったりしてないです。

中央駅


1889年に建てられた駅舎。Wikiによると東京駅と姉妹駅なんだって。でも「東京駅の駅舎はアムステルダム中央駅をモデルにした」というのは俗説(正しくない)なんだそうです。アムステルダム中央駅はネオゴシック様式、東京駅はビクトリア様式。

南改札を出ると、だだっ広い広場とトラムの始発・終点駅や観光案内所があるよ。

中華街


(中央駅から徒歩7分)横浜やロンドンの中華街と比べるとこじんまりしてる。中華料理店や中華食材やさんが集まってはいるけれど、ほかのアジア料理(タイとか)や、中南米料理もあったりして中華色は薄め。それよりも、このあたりは狭い道沿いに古い建物がひしめき合って建っていて。そして結構傾いているの(上の写真でも傾いてるの、分かるかな?)。

このあたりは古びた建物が密集していて、西側の運河沿いとはまた違う印象。

飾り窓地区


中華街からダム広場に向かう途中にあって。通りかかったの11:30ごろだから、まだ人出は少ないけれど、でも飾り窓のいくつかにはもうお姉さんたちが立ってたよ。夜はものすごい人と赤いネオンで怪しげな雰囲気になるけれど。昼間は運河と並木と古い建物の組み合わせが、遠目にはほかの地区と変わらない、ステキな街並。

ダム広場


王宮の西側にある広場に着いたのが11:40。いつ行っても鳩と観光客がいっぱい。このあたりはデパートや、どの国にでもあるアパレルのお店、オランダ土産のお店がたくさん集まってるよ。今月下旬には、この広場のすぐ南にユニクロさんがオランダ1号店をオープンするよ。

待ってました、ユニクロ!

レンブラント広場

このあたりは飲食店がたくさん集まってる。すぐ西に花市場、東南に5分も歩けばマヘレの跳ね橋(このブログのトップページのスライド写真4枚目)。あと、猫の博物館も近いよ。

ここでランチしたのは12:30ごろ。

もう少し西に行ったライツェ広場や、運河地区の南側のアウデ・ペイプにも飲食店が集まってる(上の地図で紫色で書き込んだところ)。レンブラント広場やライツェ広場は観光客向け、アウデ・ベイプは広い範囲にお店が点在していて地元の人で賑わってる感じ。

運河沿いをお散歩 ~ ナイン・ストリートへ


運河沿い、とくに橋の上は見渡し良くて。風もそよそよ吹いてて気持ち良いし。運河と並木と古くてかわいい建物の組み合わせがすごくステキなんだよね。

運河沿いのお散歩、好きだなあ。


運河は観光船だけじゃなくて、自家用ボートでビールやワイン飲みながら涼んでる人たちもいて。いいなぁ、自家用ボート!なんだか優雅よね。




レンブラント広場から北西に、こんな景色を見ながらお散歩して15分ぐらいでたどりつくナイン・ストリートはちょっとこじゃれた雑貨屋さんやカフェが並んでる通り。

ナイン・ストリートの1本南の通りを歩いたら、こんな↓窓に猫の絵や巨大ぬいぐるみ(?)がディスプレイされた洋服やさん発見。なにこれ、めちゃかわいいんだけどー!


この日オープンだったみたいで入場制限してて。すこし離れたところに入店待ちの行列ができてたよ。みんな、窓に描かれてるみたいな猫の風船を持ってた。だいずも欲しくて、どこで配ってるんだろうって探したんだけど分かんなかったー。ざんねん。

さらに運河沿いを北へ ~ 北マーケット

ナイン・ストリートからさらに北へ15分ぐらい歩いたところにアップルパイが美味しいと評判の(GoogleMap情報)カフェがあり。そこを目指してさらにお散歩。

途中、アンネフランクの家は入場の行列ができてるのが見えました!混んでるんだねぇ。

そして。アップルパイのお店も大混雑してたので諦め。


で、その脇に土曜日だけ開催してるファーマーズ・マーケットを発見して大興奮しちゃった。

こだわってそうなパンやチーズやはちみつや、、、今までアムステルダムで見かけたマーケット(とはいえアムステルダムはマーケットの数少ないです)のなかではイチバン好きだったかも!

上の地図、アウデ・ペイプにあるアルバートクイップマーケットは日曜以外毎日開催してるんだけれど。ここは日用品が多くて。大規模で混んでるわりには買いたいと思うようなものが無いんだよね。。

*****

こんな感じで、11時に中央駅を出発して15時に北マーケット見学終了です。直線距離を行かず、たまにルートから外れてみたり、グルッとまわってから元の道に戻ったりして、4時間で3万歩!

掲載してる写真の数でも分かるとおり、運河沿いのお散歩がアムステルダムに半年住んだだいずの今のイチオシです。

あとはこのルートに美術館やお土産購入を組み込んで。トラムも駆使すれば1日でも結構いろいろ観てまわれそうよね。実は美術館はまだぜんぜん観にいけていないし。食べ歩きもぜんぜんしてないので。これからも少しずつアムステルダムの良さをこの日記で紹介していきたいな。

アムステルダム、住んでみるとなかなか良いところだよ。



ブログランキングに参加してます。
バナーをクリックして応援してもらえると励みになります!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする