洞窟のクリスマスマーケットに行ってきたよ! オランダ ファルケンブルク観光

オランダのクリスマスマーケットをネットで調べると必ず出てくるファルケンブルク。ウチで待ってるさくらさんのことが恋しくなってしまうため、なるべくサクっと日帰り旅行がしたい我が家ですから。洞窟の中にあるのなら、昼間行ってもイルミネーションがキレイなんだろうなーって期待して出かけてきたよ。

スポンサーリンク

アムステルダムから電車で3時間

これ↓この前ドイツのアーヘンに行ったときの地図ね。ファルケンブルクは★のあたり。ヘールレンからもマーストリヒトからも電車で10分ぐらいのところ。


今回も乗り放題券を使ったので交通費€14の日帰り旅行。金曜日だったので朝5時起き+オットのおにぎり持参です。


こじんまりとした街。しっかり観てまわっても半日かからないんじゃないかな。


ヨーロッパ最大で最古の「地下にあるクリスマスマーケット」

洞窟といっても自然にできたものではなく。11世紀ごろにお城を建てるために石を切り出した跡を地下道やシェルターとして使われてきたものだから。床は平らだし、水滴が上から落ちてくることもない。

ファルケンブルクには2つ洞窟クリスマスマーケットがあって(駅前の地図↑①と②)、大きいほう、Fluweenlengrot(②)に行ってきたよ。

2018年は11月16日~12月30日に開催。入場料€7でした。

2013・2014年にCNNの「世界のもっとも美しいクリスマスの観光地ベスト10」に選ばれたそうで。毎年、世界中から観光客が押し寄せるらしい。だいずたちは11月の平日、しかも午前中に行ったので。ぜんぜん混んでくてスイスイ歩けたよ。

アトラクションみたい

道順が決まっていて。飾りつけやお店を見ながら1方向に歩いていくところがディズニーのイッツアスモールワールドみたいだなーって。アトラクションを観てる感覚に近いと思った。


さすが地下だけあってイルミネーションが映えるね


遠くまで見渡せないからか、なんとなくこじんまりした感じがしちゃって残念。自分は広場全体がイルミネーションでキラキラしてたり、街並みのなかにあるマーケットを観るのが好きなんだなーっていうのが、ここに来て分かった気がする。なんだか物足りない。

礼拝堂からトー●スまで

順路の途中には、18世紀にナポレオンに街が占領されたときに、迫害を逃れた聖職者が作った礼拝堂があったり
そして雰囲気あるレストランや


さらに、どこかで見たことがある乗り物キャラまでいて、、、


↑額に張られた€1シールがツボ。子供が乗って遊ぶやつね。1回€1。

あらーやっちゃったねって思っちゃうこの感じ、親近感わくなー。


日用品のお店が多い

クリスマスの小物を売ってるお店もあるけれど。


アロエクリームとかスマホグッズとか、クリスマスとはなんら関係のないお店が多くて。なんかだいずが求めるクリスマスマーケットとは違いました。。。

空気が粉っぽい

石を切り出した跡だからね。硬度が低そうだから、人が歩いたりしても少しずつ削れて粉塵が舞ってるんじゃないかしら。
だいずは鼻炎もちだから気になっちゃったのかな。ここにいる間ずっと喉の奥が粉っぽかった。

マーケットはまずは食べ物が気になるだいず夫婦ですから。洞窟の中で換気が難しいせいか、ソーセージやクレープを焼いてる屋台が無かったのがそもそも残念で。レストランはあるけれどなんとなく空気が粉っぽいから、ここで食べる気分にはなれなかったよ。

ということで。だいずがクリスマスマーケットに期待するものとはちょっと違ったなーというのが感想です。もっと混んでたほうが雰囲気出たのかなぁ。。


黄色い壁の街

洞窟の石と同じ、黄色の壁の建物。


大きなテラス席のあるカフェがたくさん並んでるし、ホテルも多くて。


観光のために作られた街って雰囲気がだいずの好みではありませんでした。

ここから電車に乗れば10分でマーストリヒトなので。マーストリヒトの観光メインで、ちょっと洞窟にも行ってみるぐらいの軽い気持ちで行くのが良いような気がします。


おまけ

実際、このあとマーストリヒトに行ったんだけれど。マーストリヒトのクリスマスマーケットは準備中、翌日から開催だったー!おしい。


でも石畳の街を歩くだけでもステキ。


マーストリヒトに来るのは2回目だけれど。お散歩楽しかったです。クリスマスマーケットの期間中にまた来れるかしら。

ブログランキングに参加してます。
バナーをクリックして応援してもらえると励みになります!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする