広がる夫婦間格差

今までなんども日記に書いてきた、さくらさんからのおねだり格差。というかおねだり差別。

オットはねだられるとオヤツをあげてしまい。

それを注意すると、「その分フツウのごはんを減らせばいいじゃない」って言うのよ。

栄養価がぜんぜん違うんですから。オヤツだけ食べてればいいわけじゃないでしょう? マリーアントワネットか。(本当の意味はまったく違うんでしょうケド、、よく知りません)

そのせいか、さくらさんのオットへのオネダリ攻撃がかなりかわいく、激しく、甘えん坊で。

もう、どうしたらいいか分かりません。

オットがソファーでゴロゴロしてると、こんな風に↓


もしくは、こんな風に↓

擦り寄るさくらさん。直接的におねだりはしてないけれど、じっと傍に寄り添って、甘え始めますよ。



そして、そして。だんだんにじり寄っておねだりが始まります。

↓オットの腕をチョイチョイするさくらさん


↓「気をつけ」してしばし待つ


↓しかし相手にされず、だいずに助けを求める


かわいくて、いつまでも見ていられるんだけど。
最終的にはオットが根負けしちゃうからなぁ。

これ以上太らせたくないのに、どうしたらいいだろう。



一方、だいずへのおねだりはこんな感じ。

↓背中でねだる(ゴハンのお皿の前でじっと待つ)


↓チラリ(ねえ、まだ?)




↓しびれを切らす(もおー!はやくー!)


お分かりだろうか? まったく甘さがありません。



このごろは、だいずに白い目で見られていることに気づいているのかな、オットにおねだりしてるとき、だいずの目を気にしている空気がありますよ。


困ったもんです。



***

今日の夕方、母の乗った飛行機がアムステルダムに到着するので空港までお迎えに行くんです。が。

そんな日に限って。
なんとオランダの公共交通機関の職員さんがストライキ。オランダ国内の電車もバスもトラムも運休になってしまった。空港への公共交通だけは本数を減らして運行してるらしいけれど。電車混んでるかなぁ。。。

困ったものですがー。これもまた経験、と思えるのはブログを続けてるおかげかしら。

母の滞在中、電車を使ってドイツやフランスに遊びに行く予定だったので。そちらの予定にストライキが当たっちゃうよりは、今日がストライキでよかったわー。

そんなこんなで、ドタバタしているので。5月・6月に出かけた旅行や、さくらさんの帰国準備の記録はきっと、日本に帰ってからゆっくり整理することになるんだろうなぁ。

本帰国まで残り1ヵ月です。


それは、オットがテーブルの上に食べ物(オットの)を置くとすぐに始まります。 オットがまだソファに座る前から。 ...
今までになんどもおねだりの様子をこの日記で紹介してきたけれど。 どうしてこんなに違うんだろう、っていつもビックリし...

ブログランキングに参加してます。
バナーをクリックして応援してもらえると励みになります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『広がる夫婦間格差』へのコメント

  1. 名前:たま 投稿日:2019/05/28(火) 20:51:29 ID:fd57d4d08 返信

    だいずさん、さくらさん

    こんにちは。1枚目、爆笑してしまいました。ちょっと落ち込んでいたのですが、アゲ嬢さくらを見たら吹き飛びました。売れっ子のおねだりは、カメラも意識できるのね。

    • 名前:soybean 投稿日:2019/06/03(月) 19:30:08 ID:730788df2 返信

      たまさん
      さくらさんの癒しパワー、おすそ分けできたかな?
      なにごともなく、心配が解消されるといいね。

  2. 名前:yspringmind 投稿日:2019/05/31(金) 18:25:30 ID:44ee68de9 返信

    だいずさん、こんにちは。
    さくらさん、何時も可愛いなーと拝見しているんですけれど、あの、気をつけのポーズ、素晴らしいですね。家にも猫ちゃん居ますけど、そんなこと出来ませんもん。それにだいずさんに助けを求めるあの表情。くくく。こんなに可愛くちゃ、お二人ともメロメロなのは当然ですね。

    • 名前:soybean 投稿日:2019/06/03(月) 19:36:02 ID:730788df2 返信

      yspringmindさん

      こんばんは、はじめまして!
      さくらさんを見にきてくださって、ありがとうございます。
      「猫かわいがり」という言葉を最初に使い始めたのは誰だか知らないけれど、これほどに多くの人が共感できる表現は他には無いにちがいない、と思えるぐらいに猫ってかわいいですよね。(ワンコも、鳥ちゃんも、みんなかわいいですが)
      この言葉があるおかげ(?)で、躊躇無く溺愛できるような気がします、ぐふふ。