浅草ランチ@サウスパーク ケララの風 オプションあるのが楽しくていい

タイトル下広告




出かけるたびに、インドカレーを食べ歩く日々がまだまだ続いています。

このお店はどうやって知ったんだっけなー。

やっぱりカレー番長的な、スパイスに詳しいどなたかが、このお店を紹介していたのを見たんだな。

ケララ州出身の奥様4人で開いたお店なのだそうで。奥様方のレシピがレストランのお料理のベースになっているんだとか。



ケララ州は赤く塗ったとこね↓


スーパーでも”ケララチキンカレーの素”とか、見かけたことあるから。なんとなく知っている地名ではあるよね。


スポンサーリンク

花やしきの近く

お店は、浅草花やしきから、西に歩いてすぐのところ。

花やしきって、まだ営業してたんだねー。


ずいぶん前に閉園したんだと思いこんでたから。通りがかりにアトラクションが動いてるのが見えてちょっとビックリした。


どれ頼むか、すごく迷った


ここ、ミールスが野菜、フィッシュ、チキン、ビーフの4種類あって。

だいずは南インドカレーは野菜系が好きだから。どの店でもまずは野菜を食べるようにしてきたんだけれど。野菜って、お店によってすごくサッパリしすぎてることがあって。

そのお店でマトンが人気なら、まずはマトンを食べるべきなのかもしれない、と迷いが出るようになってきてたのね、このころ。

で、ケララならでは、といえばどれなんだろうか?と調べてみると。

ケララは比較的キリスト教徒が多いのでビーフのチョイスがあるのが特徴なのだそうで。
そのうえ、海に面しているので魚料理も豊富なのだとか。

チキンは体調的に最近避けるようにしてるから。野菜か、ビーフか、フィッシュで迷い。口コミでは「フィッシュが美味しい」と言ってる人が目についたのと。メニューブックの説明で「マンゴーで煮込んだ」ってところが決めてとなりまして。

今回はフィッシュのミールスをいただいたよ。


オプションが豊富

いただいたのは、ケララミールス・フィッシュカレーセット「スペシャル」1300円。


スペシャルじゃない、普通のケララミールス・フィッシュカレーセットは1000円ぐらいで。そちらはおかわりナシ。

スペシャルにするとお値段が+300円で、ライス・サンバル・ラッサムが1回おかわりできるのと。ドーサ(かプーリ)が付いてくるの。これは迷いなくスペシャルでしょ。

ランチでドーサセットとかマサラドーサ出してるお店はあっても、ミールスと一緒にドーサ食べれるところはこれまで行ったお店には無かったので。ドーサだけじゃ物足りなさそうだからさ。実は初ドーサでした。

しかし、野菜のミールスだと「スペシャル」でワダ(豆粉のドーナツ)が付くのも魅惑で。フィッシュにチキンティカが付くのが個人的に微妙なのもあって。フィッシュか?野菜か?で、着席してからもオーダー直前まで迷っちゃったよ。


ケララミールス・フィッシュカレーセット「スペシャル」

お店は間口が狭くて、しかもパーテーション?があって。このアングルでもお店の様子が全く分からない。。。


お皿いっぱい、パパドにドーサも乗っていて。ワクワクする見た目。


スライドショーには JavaScript が必要です。





ドーサはすごく良い。米粉と豆粉を発酵させたものを薄くクレープのように焼いたもので。サクふわで、ほんのり酸味があるの。これもハマりそう。

パパドはちょっと湿り気があるというか、パリパリしてないんだけれど。阿佐ヶ谷のプラバートと同じ感じだった。パリパリのお店ってほんとスナックみたいなんだよね。どっちのほうが本格的なんだろうか???

フィッシュカレーは、たしかにフルーティな感じだったけど。まあ、普通だった。期待しすぎたのかなぁ。

でも、酸っぱかったり、フルーティーだったり、サッパリしてたり、コクがあったり。いろんな味のカレーをそのまま食べたり、混ぜて食べたり、米と食べたり、ドーサを浸して食べたり。いろんな味と食感が詰まってて。すごく楽しい食べ物なんだよなー。

具体的に、この料理のここが!的な尖った特徴はないかもしれないんだけれど。なんかこう、ジンワリくる美味しさが。食べても食べても、また食べたくなるんだな。



だいずがいた間は、お店の方、キッチンもホールも男性で。奥様的な人は見かけなかったな。

そして、口コミで、おそらくインドで働いてたことがある人がこのお店のことを「社食のカレーレベル」と評価していたけれど。このレベルの食事が社食で食べれるなんて、インドってすごいところだなって思ってしまったよ、逆に。

ブログランキングに参加してます。
バナーをクリックして応援してもらえると励みになります!
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク