キテます、ハンドパワー!(信じることが大事)

過ごしやすい夏のオランダも、いよいよ今週からは最高気温が30℃を超えるようになってきたよ。ああ、これはビーチに出かけなくては!と思っちゃうようないい天気。

しかし、だいずは目がまだまだ調子悪くてね。ホームドクターで出してもらった目薬が効いているのか、心地よいダルさがあって。微熱もあって。毎日さくらさんとオフトンでイチャイチャしたりお昼寝三昧の暮らしを楽しんでいるため、海に行く余力がありませんなー。


だいずの目の調子が悪くなったのと同じ頃に、さくらさんも体調悪くなった(おいしいオヤツしか食べなくなった)のだけれど。もしかしたらそれは今のおウチが涼しすぎたからかもしれない。ここ、北向きでコンクリートなおウチなので、ソトが30℃になってもおウチの中は25℃ぐらい、ひんやりしてるのね。たまに靴下はいてないと足が冷えひえになっちゃうぐらい。

前の短期滞在のおウチは完全南向きで、ソト25℃ぐらいでもおウチのなかは30℃近くまで上がっちゃってたの。引越して室温差に疲れちゃったのかもしれない。

一般的な住居にはエアコンも網戸もないオランダだから。イギリスとは違い蚊が出るオランダだから。そして我が家はしばらくおウチでオシゴトする予定なので。夏涼しいおウチを選んだのは正解だったんだけれど。先週までは室温24℃ぐらいまでしか上がらなくて結構寒かったの。

こんな風に↓ベッドで小さく丸まって寝てて、ゴハン食べないからとっても心配したのですが
3~4日したら徐々に元気に、食欲も回復したよ。

自分のベッドに入らないのは床が冷たいからかなぁって思って。撫でてるときにさくらさんの背中側が冷たいような気がして。腰のあたりにそっと手を当てて温めてあげたのが効いたんじゃないかとだいずは確信しているの。

洗いたてのシーツの上に顔うずめて寝るのが気持ちいいってのもあるかもだけれど↓


だいずが手を当ててても嫌がらないし、たまにおもむろにだいずのほうに背中を向けてきたりして。さくらさんも心地よく感じていたに違いない。


で、元気になっただけじゃなくて。さくらさん、小さい頃から背中側の腰からシッポの付け根にかけてフケが出てたんだけれど、それもここ1週間ぐらい収まってるし。毛並みも今まで以上に超絶やわらかいんだよ。

やっぱり、だいずのハンドパワーが効いてるのだ、間違いない。


だいずはハンドパワーでさくらさんを癒し、さくらさんはだいずに添い寝して元気を分けてくれているのです。ついでに、オットは最近オナカが不調なので、だいずのもう1方の手をオナカに置いてだいずは両手フル活用。さらにオットがだいずの目の上に手を置いて。。。家族3人で癒し、癒され、過ごしているよ。

だいずの目は治るまで3週間ぐらいかかるとホームドクターには言われていて。薬は徐々に効いているような気はするんだけれど。まだあと2週間、今の薬で様子を見ることになっている。長いよねぇ。目が見えにくいとすぐに疲れちゃうし、熱っぽいからお掃除とかお風呂とかですら疲れちゃう。

早く治りますように。

ブログランキングに参加してます。
バナーをクリックして応援してもらえると励みになります!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする