病院が倒産しちゃった!転院するのもひと苦労、ぶどう膜炎の治療はまだまだ続くよ

ぶどう膜炎のその後。最近は3週間おきに診察を受けていて。炎症がなくなったことが確認できたら、点眼を止めて、その2~3週後の診察で再発してないことを確認して治療終了だね、っていうことになっていたの。治療って言っても根治療法がないらしいので、点眼して様子みるだけなんだけどね。。

スポンサーリンク

MC Slotervaart 倒産したってよ

もうそろそろ炎症消えるんじゃないかしらーと期待して病院に向かった11月上旬の晴れた日。


病院に向かう途中、空の雲がうねうねしてて。そこに朝日が当たってとってもキレイで。見ててウキウキして。これはもう、治るしかない!なんて変に確信しながら病院に向かったのよ。

そして診察室で繰り広げられた会話:

んーまだ炎症あるわね残念

あらー

今日が最後の診察なのよ

え?

知ってると思うけど。この病院、倒産したから。今日で最後よ

えええー!?

どうして知らないの?あんなにニュースになってたのに


知らなかったよーオランダの国内ニュースぜんぜん見てなかったし。ああ、それで今日は先生、お化粧しっかりしてて洋服もなんだか「お出かけ着」っぽいんだ。そういえば、待合室で他の患者さんが帰り際に受付事務の人とハグしてて。なんだか大げさだなと思って見てたんだけれど。あれはお別れの挨拶だったのか!と合点がいきました。

そして建物に入るときにはまったく気づかなかったたくさんの張り紙は↓
この病院を存続させるために1人€1寄付しませんか?って呼びかけるものでした。。。


たしかに大ニュースだったみたいです

ウチに帰ってネットで調べてみたら、たしかにこの病院の倒産に関する記事がいっぱい出てきて。アムステルダムは大騒ぎになっていた雰囲気は感じとれたわ。

オランダの新聞Het Paroolのサイトを検索してみると。

↓10月23日に倒産の危機が報じられたのから始まって
だいずの最後の診察、11月7日までに49件もの記事が掲載されてたよ。1つ前の診察が10月22日だったので。その時点ではまだニュースになってなかったの。

↓10月25日には倒産宣告、
↓10月27日には「取り乱した患者からGPへ問い合わせが殺到」だって。
専門医にかかるにはGP(ホームドクター)からの紹介が必要だから。MC Slotervaartの倒産で「次どこに行ったらいいの?」って問い合わせが殺到したようです。そりゃそうだ。

多くの患者さんたちが取り乱しちゃってる中、だいずはひとりのうのうと過ごしていたわけです。てへへ。

よくよく調べてみるとこの病院が経営難に陥っているっていうニュースは今年7月頃にはもう出ていたので。だいずが最初に紹介された時点ではすでに傾いてたわけです。GPがそのとき紹介できる病院が2つあるって言ってて。もう片方は予約が3週間待ちだったので。すぐに受けれるMC Slotervaartを紹介してもらったんだけれど。混んでなかったのは潰れそうだったからだったのかなー。あのとき3週間待つっていう選択肢を選ぶのは無理だったし。傾いてるおかげですぐに治療が受けられたんだもの。感謝しかない。


次はどこいったらいいの?

今までMC Slotervaartで診てくれた先生が、つぎの職場の電話番号を教えてくれて。そこで治療続けてもいいよって言ってくれたんだけれど。そこ、プライベート・クリニックで、だいずの入ってる保険だと治療費の35%が自己負担なのよ。今までみたいな(公的な?)病院なら100%保険でカバーされるのに。

だから、GP(ホームドクター)に新しい病院を紹介してもらいましたよ。

前回と同様、総合病院にGPが紹介のメールを送ると、病院のほうから電話をかけてくれる仕組み。そのメールには、「メールを受けてから2日以内に連絡」って書いてあるんだけれど。3~4日待っても連絡来ないので、だいずから電話してみたの。

そして受けた説明:
  • MC Slotervaartからの患者さんの受け入れ体制が決まるまで予約は受けられない
  • あなたも受け入れ患者リストにもう入ってるから、体制が決まったらすぐに連絡する
  • 体制がいつ決まるかは分からないけど、それまで待ってて
  • MC Slotervaartでの治療記録を持ってきてくれたら今すぐにでも予約を受けれる
で、MC Slotervaartに治療記録について問い合わせたら、そういう問い合わせへの回答がすべてホームページに出てるからそっち見て、って。だいずよりもずっと前に「取り乱して」(?)問い合わせてくれた患者さんたちのおかげで、だいずが問い合わせるころにはすべてが整備されていた、というありがたさ。治療記録を新しい病院に送ってもらうための申請書をすぐに送ったけれど、対応には1ヵ月以上かかるって注意書きがあり。いまだ回答がないよ。

GPから新しい病院に紹介状が送られたのが11月14日。
だいずから新しい病院に問い合わせたのが11月19日、同じ日にMC Slotervaartに申請書提出

そして11月22日に新しい病院から予約を受け付ける電話がかかってきたよ!12月4日においでって。意外と早かった。


olvg(聖母病院)初診、行ってきました

olvgはOnze Lieve Vrouwe Gasthuisの頭文字で。英語にするとOur Lady’s Guest House。GoogleMap(日本語)では聖母病院って表示されてる。

olvg西館↓ 
MC Slotervaartよりも近代的な建物。検査設備もこっちのほうが新しくて。おもわず「テクノロジー!」とつぶやいてしまった。

↓入り口はいってすぐのレセプションエリア
MC Slotervaartでの最後の診察から1ヵ月、まだ治療記録は届いておらず。この日は眼圧測ったり、今の状態を診る程度。そして炎症はまだ残っていた。しぶとい。

MC Slotervaartでは血液検査しかしてないことを伝えたところ、胸部レントゲンも撮ったほうがいいかもしれないという話になり。このまま点眼を続けて、4週間後の次の診察(そのころまでには治療記録が届いてるはず)で、まだ治ってなければ追加の検査をするのかな。

これまでを振り返って、おなかを壊すと目の炎症も強くなってるように思うのね。今回も、つい1週間ぐらい前に、調子が良くなってきて浮かれて食べた味道楽(ふりかけ)にゴマが入っていたんだよね。。。やっぱりゴマを食べるとお腹が壊れます。

ずいぶん前に腸が壊れたときはカニと蕎麦と雑穀がダメで。ゴマも皮付きは微妙ではあったんだけれど。今回ゴマにここまで反応するとはどうしたことか。

これから1ヵ月は腸の調子向上に取り組んで。次の診察(1月)に臨みたい所存です。そして来年はもっと健康になって、さらに楽しい1年にしたいな。

いよいよあと1ヵ月で今年も終わっちゃうね。

ブログランキングに参加してます。
バナーをクリックして応援してもらえると励みになります!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする