花粉の季節の始まりとともに。今週はギックリ腰になり、さくらさんは便秘になりました。

タイトル下広告




まだまだ寒い日が続きますね。

冬季五輪が始まっているようですが、だいずはただいま五輪ボイコット中。日本から参加している選手の皆さんのご健闘と、無事に競技を終えて日本に帰られることを心から祈ってはいるものの。テレビとか動画とか、冬季五輪関係のものは全く観ていない我が家。ツイッターで流れる数々の反則動画を見かけたけれど、やはり期待を越えてくるなーやれやれ、という感想しかないね。

今週は、久しぶりにギックリ腰になってしまい。さらにはその余波でさくらさんを便秘にさせてしまったのね。ほんと大変だったんだけれども、その中でいろいろと思うところや自分なりの気づきがあって。でもそういうのって、元気になったとたんに忘れてしまいがちなので。ちゃんとメモっておこうと思ってね。

ようやく椅子に座ってパソコン使えるぐらいには回復したので、さっそくまとめてみようかと。


スポンサーリンク

穏やかなはじまり

まだ会社員だったころ、そして、オナカをひどく壊したころ。ギックリ腰を何度か繰り返して癖になってしまったことがあって。そのときは、腰が「ギックリ」する瞬間が自分でも分かって。腰の何処かの部位が、本来伸びてはいけない範囲までビヨーンって伸びてしまったような感覚と、そこが肉離れのように炎症を起こして痛くなってるってのが自分でも自覚できたんだけれど。

今回は、その「ギックリ」がいつ起こったのかハッキリとは分からなかったの。

月曜の夜になんとなく右足の付け根の動きがおかしくなって。まさかギックリだとは思ってなかったので、ストレッチしたり揉んだり試してみちゃったのが逆効果で。翌朝起きたら右足の付け根を曲げ伸ばしするたびに激痛が走り。右足で体を支えられないから歩くこともままならず。

絶望の朝を迎えた火曜日。

この痛み、小学低学年のころに体育の授業で尻もちをついてから歩くときに足の付け根が痛くなったときと似てるなぁと思って。それで月曜の行動を思い返してみたら。椅子の座面を低くしたのね。それをすっかり忘れて座ろうとしたために、思ったところに座面がなくて。ストンって10cmぐらいの尻もちはしたんだよね。それしか心あたりが無いんだなー。


症状と対処法、経過

火曜・水曜の2日間

ベッドで横になって安静にしてました。動くときはゆっくり、歩くときはキャスター付きの椅子の背に持たれて体重かけて。足腰に体の重みが乗らないようにして歩いたよ。

いつもと違う使われ方をする椅子に興味いっぱいのさくらさん



炎症があるせいかすぐに眠くなり。2~3時間寝たあと起きてハーブティーを飲む、の繰り返し。腰だけでなく腸もヒリヒリ傷んで食欲がまったくなかったのは、動けない自分には不幸中の幸い、だったかな。


木曜

炎症が3割ぐらい減った感じ。水曜の夜にアマゾンで注文した山田式骨盤ストロングベルト(アマゾン)が午前11時には届いたので。壁に手をついて体を支えながら郵便受けまで取りに行き。ベルトを装着したらずいぶん楽になりました。痛みは月曜の半分ぐらいに。

前にギックリ癖になった時は整体院で買った中山式ベルト(アマゾン)を使ってたけれど。山田式は翌日配送、中山式は早くて土曜だったので早く届く方を購入。どちらも同じような作りだけれど、山田式のがズレにくい感じがするかな。

やっと少し動きやすくなり、昼間にシャワー浴びるときに体重計ったら2キロ減ってたわー。
2日で2キロって!

腸はまだまだ傷んで食欲ゼロ。それでも何か入れたほうが良いかと思って、お粥を食べたんだけど。食べたら鼻炎がひどくなりクシャミ連発、そして耳が詰まりだし。そういえば、ぜんぜん食べてなかった火曜・水曜は鼻炎がおさまってた気がするんだよね。


金曜(今日)

痛みは月曜の1割ぐらいに。ただ、曲げ伸ばしをすると痛むのは変わらないので。痛むほう、右足の靴下を自分で履くことができなかったり、まだまだ体の動きは限定的。ベルトを付けていても歩くのはビッコをひく感じ。まだまだ無理はできないけど、もうゴールは見えている。

食欲はまだまだ無くて。腸の痛みはすこしおさまってきたけれど、鼻炎と耳のことが気になるので。ハーブティーとサプリだけでやり過ごしてみたら、鼻炎がめちゃラク。耳はまだちょっと詰まった感じがするので、試しに耳の症状がおさまるまで水分だけで生きてみようと思ってるけれど。飲んだ分だけ出てる感じがないので、このまま続けるのはダメそう、利尿対策を探さなければならない気がしてる。




おおもとは腸だ

そもそもオナカと腰って連動してて。オナカが弱って固くなると周りの筋肉も固くなって、それでギクっといってしまう、という仕組みだとは分かっていたけれど。

今回はほんとに、腸が根本的な問題なんだなって改めて痛感したね。ていうか、そんなことはオランダで病院通いしたころから気づいてたことなんだけれどね。もっと前へ進まなければ。

食物アレルギー的な反応をしてしまう食べ物がいろいろあって。それらを食べない生活をしてきたんだけれど。もしかして治ったかも、ちょっとだけならいいかもと思って、2週間前に花山椒を一振り加えたらあっという間にオナカを壊し。

先週は鼻炎がひどくなって、そしたら耳もまた悪化し始めてる感じがしたので。耳鼻科に行って出された抗ヒスタミン薬を飲み始めたら。鼻炎はおさまったものの、前の週の花山椒事故からすこしずつ回復してたオナカの調子がまた下降してる雰囲気はあったんだよね。

もらった薬、薬局でもらった説明書には書かれてなかったけれど、ネットで検索すると「腹痛」や「下痢」が、起こる頻度は少ないというものの副作用として出てるので。弱ってるところに、薬でトドメを刺されたということで間違いなさそうだ。


面白い気づきはまだあって

味の好みがいつもと違う、ハーブティーの奥深さよ

今週ずっと飲みたくて選んでたのが、mamehuisで出してるgoedenacht。

心の緊張や不安な気持ちを静めて穏やかで前向きな気持ちにしてくれるレモンバームに、レモンのような香りで気持ちを上向きにしてくれるレモングラス、鎮静・鎮痙効果に優れるカモミールとラベンダー。心や体の緊張を緩めてくれるハーブたちを組み合わせました。レモンバームとレモングラスのレモンに似たさわやかな香り、カモミールのりんごに似...

普段はこのブレンド、後味に残る渋みがちょっと苦手で。嫌いじゃないからたまに夜寝る前とかに飲むけど、今回みたいな絶不調なときってgezelligを飲むのがだいず的鉄板だったのに。

今週は、この渋みが美味しくて。このブレンドばっかり飲んでたの。

なんでだろう?って思ってしばらく考えてみたんだけれど。
レモンバームの渋みのもと(=タンニン)がただれた腸壁をなめしてくれる。鎮静(心を緩める)・鎮痙(筋肉を緩める)作用もある。
レモングラスの精油成分(シトラール)による鎮静・鎮痙作用、抗炎症作用、抗ヒスタミン作用。
カモミールの鎮静・鎮痙作用、抗炎症作用、胃の粘膜を修復し上部にする働き
などなど、今週のだいずにはピッタリだったんだなーと確信したの。(伝わるかなこれ)

gezelligも飲んでみたんだけれど、いつもほど美味しく感じないのね、不思議なことに。

そして、この食いしん坊なだいずが3日間もほとんど食事を摂れなくてもニコニコ、冷静にしていられるのはこれらのハーブティーの鎮静・心を明るくしてくれる作用のおかげなんじゃないかと。いつものだいずなら、「もう3日も食べれてない!体重も2キロも減っちゃったし(涙」って痛いし食べれないしで気持ちが落ちちゃってたと思うんだよね。

これって。

夏に、たくさん汗をかいた後に塩を舐めると甘く感じる、ってのと同じで。体が必要としているものは、いつもより美味しく感じるってことなんじゃないかと思うんだよね。何をするとどう感じて体はどう反応するのか。ちゃんとそこに目を向けて、気づけるようになることってとても大切なんだよなぁって。だいずもまだまだちゃんと気づけてないことが多いけれど。なんどもなんども、試して間違えてやり直してを繰り返すことが大切で。ハーブはそのお手伝いができるんだよなーと確信したのでありました。


さくらさんにもハーブを

しゃがむのが難しくて、さくらさんの歯磨きをできる気がまったくしなかったので。火曜・水曜と、さくらさんには、手作りごはんはお預け、カリカリごはんだけで我慢してもらってたんだけれど。

水曜の夜。そろそろカリカリじゃないやつくれよーって、ゲッソリ顔してない?





手作りごはんを始めてからは、ほぼ毎日快便だったのに。2日おやすみしただけで便秘になっちゃった。ウェットから摂れる水分だけでなく、下痢や便秘の症状改善にお猫様にも使われてるハーブなどを使ってるのも効いているんじゃないかと思うんだよね。

さくらさんは味のついた水は飲まないので、ハーブをごはんに混ぜ込むしかないんだけど。(市販品でチンキになったものも売ってるけど、チンキはどんな抽出方法をしてるか・何が混じってるか分からないからね。信頼できるところのでないと。)

小さいうちから飲ませてたら、ハーブティーの形でもイケるっぽいのね。もっと早く始めてたらよかった、でも今からでも遅くない、猫にもハーブな生活。

木曜に届いたベルトを装着してヨタヨタと歩いてスーパーに手作りごはんの材料を買いに行ったの。


ごはん作ってるときにごはん台の前で見せてくれたさくらさんの超マジ顔↑が、この下僕への最高のご褒美でした。(もっとかわいいワクワク顔もしてたし、キャーって歓喜の声をあげてたけれど。動画に撮る技術はなかった。。。)

さくらさんのごはんについてはまた別の機会に、今どんなものを食べてもらってるかまとめる予定です!


今後の取り組み

ということで、来週からは新たな腸活、リーキーガットを自分で治せるのかを、試してみたいと思っているよ。腸に悪いものを避けていればそのうち元気になるのかと思ってたんだけれど。そんな兆しは見えないので。方針転換いたします。

ちょっとぐらい悪いものを食べても持ちこたえてくれる元気な腸を取り戻すのです。

がんばります。

ブログランキングに参加してます。
バナーをクリックして応援してもらえると励みになります!
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク