オナカが弱ってるときはここ 田原町Spice MAMAのカラダに優しいカレー

タイトル下広告




オナカが弱ってるときまでカレーを食べなくても良いのでは?って思うかもしれないけれど。

月1~2で浅草方面に出かける用事のある日に限って、オナカの調子が下降気味になることもあって。せっかくの外出だし。午後の予定の直前にお昼ご飯を食べておきたい、というのは体調が良かろうが悪かろうが変わらないし。

南インドカレーに出会う前までは、カレーって脂っぽくて辛くてオナカに負担になるイメージを持ってたんだけれど。

そんなことはなくて。

オナカをいたわってくれるような、そんなカレーもあることを知ってしまい。オナカが微妙なときは無理して新店開拓はせずに、このお店に来るようにしてるよ。


スポンサーリンク

間借りカレー店 Spice MAMA



銀座線田原町駅を出てすぐ、浅草通り沿いにあるお店。

Spice MAMA


SPLENDORってお店で間借りしてるカレー店さん。

SPLENDORは、もともとはコーヒーやさん(カフェ)だったのが、緊急事態とかマンボウの間休業して。で、今年6月からオイスターバーに生まれ変わって再オープンしたみたい。


店内はおしゃれカフェのまま、素敵な雰囲気。

11時半オープン、次の予定も迫ってるので。少し早めに行ってお店の前で待ってたら、スパイスでほんのり香りを付けた白湯を出してくれました。ありがたや。

スパイス、こういう使い方あるんだなーって目からウロコで。ウチでもたまにスパイス白湯やってる。


アーユルヴェーダなカレー



西インドのマハラシュトラ州、ワシムという街(地図↓★のあたり)にあるスパイス屋さんのご家庭に生まれた女性(=ママ)のお店。




インドにいた頃はバリバリのキャリアウーマンだったみたいなんだけれど。結婚して日本に来て、それでこのお店を始めたそう。

厳格なヒンドゥー教徒のご家庭で(たしか店員さんが「司祭の家系」とか言ってた)、だから玉ねぎやニンニクを使わずに調理するのが基本で。神様には玉ねぎ・ニンニクを使わない料理を捧げるんだって。宗教上食べちゃダメなのって肉類だけじゃないんだね。

メニューはこんな感じ↓


メニュー右下のQRから進んだ先の診断ページで簡単な質問に答えると自分の体質が分かる。



ここでわかるのは3種類のざっくりした分類だけどね



だいずはカファ(水)タイプ。診断サイトを使わなくとも、この3つのタイプの説明を見ればだいずはカファなんだろうなーとは思った。風の要素も少し持ってる気がする。

結果をお店の人に伝えると、タイプに応じたスパイスを出してもらえる仕組み。

下の黄色い粉がカファ(水)の人向けのスパイス



インドではスパイスを薬のように、そのまま飲む用い方もあるそうで。そうやって摂っても良いし、カレーに振りかけても良いそうで。なんとなくそのままのほうがカラダに直接的に作用しそうな気がして。だいずはそのまま、チビチビと白湯と一緒に飲みました。

上の写真、もう1つの小皿は辛さ調節用のスパイスね。唐辛子だけじゃなくて、ガリっとスパイスを噛むと口の中で香りが広がるのが心地よい。

そうしてるうちに、カレーが登場。


バナナリーフの上にライスとカレー。カレーは小さな器に入れず、ライスにかかった状態で出てくるよ。


ほんと、調子よくなる気がするの

いただいたことあるのは

3種類のベジタリアンカレー
(ひよこ豆、今日のダル、ママのスパイスのカロンジ・ベジタブルカレー)↓

ライスの右=ひよこ豆のカレー、左=トゥールダル、上=アチャール(漬物)、下=ベジタブルカレー



と、

フルセットカレー(ひよこ豆、チキン、トゥールダル、ママのスパイスのカロンジ・ベジタブルカレー、パパド)↓とマサラチャイのセット。

ライスの右=ひよこ豆、左=チキン、下=トゥールダル、上=ベジタブルカレーとアチャール(漬物)



同じ田原町のガヤバジさんも西インドだけれど。ずいぶん違うよね。地域性よりも、宗教とか信条による違いってことかな。幅広く奥深いインド。知れば知るほど、もっと知りたくなる。すごい。

4月から月2ぐらいのペースで浅草近辺に行く用事ができたので。そのアポを午後イチに予定しておいて、近辺でランチを食べてから...

おだやかな味なんだけど、ちゃんと美味しい。すごくすごく煮込んでいるみたいだから、お粥みたいなものなのかなーと思うけれど。病人食みたいにはならないのはスパイスいっぱい使ってるからかな。あと、酸っぱ辛いアチャール(漬物)を混ぜて食べると酸味や食感がアクセントになってすごく良い。



ウチで何度か乾燥豆(ひよこ豆、レンズ豆、トゥールダル)を使って作ったけど。そのたびにオナカ壊したからさ。缶詰のは大丈夫なんだけど、乾燥豆はダメなんだなーって思って。カレーにちょっと豆が入ってる程度ならいいけど、豆いっぱいのカレーはダメかしらって。このお店入るのしばらく躊躇したけれど。

結果、大丈夫だったんだよねー。それどころか食べると調子が上向く気がするんだもの。やっぱり、浸し&煮込み時間の違いなのかなぁ。。。だいずも浸したり煮込んだりしたけど、スパイスママほど(ひよこ豆は12時間浸して8時間煮込んでるそう)じゃないんだよな。

だいずのオナカが壊れる原因は、豆に含まれるレクチンってタンパク質ぽくて。レクチンって、未消化のまま腸まで届いて腸に悪さしたり、さらに腸から血液に漏れ入ってアレルギー反応を起こさせたりする成分らしく。ほかにもだいずが今食べれない、胡麻、玄米、全粒粉、雑穀、蕎麦、大豆・大豆製品、ナッツ類などの外皮や種にたくさん含まれてるんだよね。

で、穀類のレクチンは加熱しても壊れないけど、豆類のレクチンは加熱や発酵で壊れるんだってー。

たしかに味噌も醤油も問題ないし。そういうことかー!と、だいず的にはめちゃ納得。

次にウチで豆カレー作るときは、じっくりじっくり浸して煮込んでみようと思ってる。それなら大丈夫なはず。


蔵前散歩が楽しい

このお店から南下すると蔵前。こじゃれたお店が増えて「東京のブルックリン」と呼ばれてるらしく。

もともとおもちゃ問屋街があったところで。バンダイさんの本社があったり




工房兼店舗みたいな小さなお店や




オシャレな雑貨やさんもあって。




Spice MAMAでカラダに優しいカレーを食べた後、このあたりをのんびり散歩するのもまた良いのだよねー。

このエリアで出会った靴屋さん、帽子屋さんで夏用のサンダルと帽子をお迎えして。たまのお出かけがさらに楽しくなったよ。

ブログランキングに参加してます。
バナーをクリックして応援してもらえると励みになります!
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク