オランダ生活 我が家の日本食材の調達はこんな感じです

アムステルダムに引っ越してきて、はや7ヵ月。イギリスと比べるとここに住む日本人の数はとても少ないからか?日本食材がメインのお店ってほんと少ないの。
いまや、毎日米を食べなくても、毎日味噌汁飲まなくても、なんとか生きていけるカラダを手に入れた、だいず夫婦ではありますが。それでも最低限、どうしても必要なものは現地調達しているよ。

スポンサーリンク

我が家の日本食材 消費状況

だいず夫婦にとって、こちらで買わないと生きていけないのが
  • だし(インスタント、本格だしパックの両方)
  • 醤油
日本食材を扱ってる店に立ち寄ったときや、オンラインで購入するときにミニマムオーダーを超えるために買うのが
  • めんつゆ
  • ポン酢
  • 納豆(冷凍)
  • カレールー
  • ふりかけ
  • 海苔
日本から持ってきたものを大切に使ってるのが
  • ふりかけ
  • 梅干
  • かつおぶし
  • 塩昆布
  • 出汁昆布
  • 味噌
かなぁ。

身近に日本食材店が無いので、主にオンライン、ときどき中華食材店、ごくたまにアムステルフェーン方面にある日本食材店(でも住所はアムステルダムなことを今日知りましたw)を利用、という感じです。


実店舗

日本食材といえば。ATARIYAさん(ロンドンでは御馴染み)とSHILLA(ここは韓国系だけれど日本食材の品揃えも多い)。どちらも、日系企業の駐在さんたちがたくさん住んでるアムステルフェーン方面にあって。ウチからだと電車で30分以上かかるし、住宅地でほかに見どころもないので。そうそう頻繁には行けない。

ATARIYAGoogleMap

ロンドンでは食材店だけじゃなくてお寿司やさんも数店舗出してるけれど。オランダには1店舗だけ。さすが日本食材がメインのお店だけあって品揃えはかなり充実してる。
お弁当やおにぎり、ドーナツとかも売ってて。あー日本の食べ物だー!!ってテンション上がります。イートイン・スペースもあるよ。

SHILLA (GoogleMap Amsterdam / Amstelveen)

韓国食材のお店だけれど、日本食材の取り揃えも結構ちゃんとしてる。ここもおにぎりやお寿司や菓子パンなどなど売ってて、イートインスペースもあるよ。


アムステルダムのお店はショッピングセンターの中。でっかいアルバートハイン(XL)や、日本居酒屋もあって、近所に住んでたらとても便利そう。

あとは買ったことないけれど伊勢屋というお店もアムステルフェーンにあり。小さいお店だけれど品揃えも悪くなかったような。


オンライン/宅配専門

お米は重いので宅配が便利なのと。ミニマムオーダーが決まっているので。米を買うタイミングに合わせてこまごまとした食材を一緒に買ってる感じです。

NIHON FOOD

€35以上の購入で配送費無料、€35以下の場合配送費€4.95。

今まで4回ぐらい利用したかなぁ。米、納豆、醤油、味噌、カレールー、蕎麦(乾麺)など。品揃えというか、銘柄のチョイスがすごく微妙で日本人がやってるお店ではない雰囲気がする。イタリア産のお米10キロで€15というのが安すぎて、何度か試したのですよ。
(NIHON FOODサイトから画像拝借)品種も分からない、アヤシゲなお米だけれど。しっかり水を吸わせてから炊けば炊きたてはまあまあ、このお値段でコレなら悪くない、って思ってたんだけれど。最近届いた袋が割れた米粒が多くてふっくらしないから。やっぱダメだなーという結論。


三五八屋

場所によるけれど、我が家の場合は€50以上で配達無料。前に書いたキッコーマンさんの工場見学はこのお店の企画。フランス、ドイツ、ベルギー、オランダで秋に「芋煮会」を催したり。個性的な活動をされてる。

メアドを登録すると定期的にこんな↓チラシが送られてくるよ。
NIHON FOODの米を継続購入しないことに決めたので。今週このお店でお米を注文、昨日届いたよ。


「ゆめにしき」と「みのり」。上に書いたアヤシゲな米と比べたら2倍以上しますよ。。。今回は、お米のほかに納豆、マロニー、めんつゆ、ゆずポン酢、辛子高菜を購入。



「ゆめにしき」はSHILLAだと10キロ€36、「みのり」は5キロ€19.80だったので。ほぼ同じぐらいのお値段。三五八屋さんは茅乃舎だしも売ってるのが素晴らしい。

届いたお米を食べてみたら。やっぱり今まで買ってたのとはぜんぜん違い、粘りと弾力があって、お米のツヤも違ったわー、とくに「みのり」。ロンドンでも安いお米を食べてて、それに慣れてしまったのでね、、、振り返れば最初のころは米がボソボソ・ゴワゴワしてるなーと思ったような記憶もあり。でもね、日本の美味しいお米ってオナカにたまるというか、重いんだよね。だから、ちょっとパサっとした安いお米の軽さも悪くないって思ってしまう、胃腸虚弱なだいずです。



ほかにYAMA FoodShopってとこも見てみたんだけれど、米の種類が少ないので今回は落選。


中国などアジア食材店(実店舗)

中華街に行けばかならず食材店があって。日本食材もそこそこ並んでる。近くを通りかかったついでに寄って、次の米発注まで待てないものがあってあり、賞味期限切れで安くなってるのとか見かけると買う感じ。

鄧容GoogleMap)
キリンの缶ビール1ケースが賞味期限切れで安くなってたのを買ったぐらいなんだけれど。中央駅まで出たらここに寄りますよ。

東方行
アムス、ロッテルダム、デンハーグなどなどいろんなとこで見かける。

ほかにTOKOっていうインドネシア食材店がたくさんあって日本食材扱ってるけど。まだ買ったことはない。


日本食材じゃないけれど

オランダの植民地だったからか、インドネシアからの移民も多かったりするのかな? 街にはインドネシア料理店がたくさんあるし、普段行くスーパーにもインドネシア食材が手ごろな価格で売られているの。

イギリスならばこれがインド料理で。スーパーで売ってるインド惣菜が手ごろで美味しくてお世話になったのと同じように。インドネシア食材には相当お世話になっているよ。インドよりも日本に近い分だけ、味も近くてありがたい存在。


↑写真上段左から)えびせん、ケチャップマニス(甘い醤油)、ごま油
中段)インスタント麺
下段)肉まん

なかでも大活躍なのが中段のインスタント麺。日本のラーメン(ラ王とかマルちゃん正麺とか)はこちらで買うと5食入が€9もするんだけれど。これ、スーパーで定価€0.43、安売りのときは3個で€1とか。もちろん味付けはぜんぜん違うけれど、インスタントのあのジャンクな感じが欲しいときにはこれで十分足りる。

肉まんも冷凍の(下段左)は2個で€1しないし、チルドの(下段右)も1個€1以下。もちろん井村屋さんの肉まんのが断然美味しいに違いないけれど。手近でこのお値段で買えるなんて、ありがたすぎる。

普段使いのオヤツとして、我が家では大活躍よ。



今のところ、こんな感じ。
日本食材店や日本食レストランは、これから増えていくんじゃないかなぁって期待してる。







ブログランキングに参加してます。
バナーをクリックして応援してもらえると励みになります!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする